アネロス全モデル

ケツイキできるのはアネロスだけ
アネロスを手に入れてケツイキしよう

→アネロス全モデル紹介←

ケツイキ体験談:ケツとチンポがたまんねー

ケツイキ体験談

もっとケツへの刺激が欲しくなりプロガスムを購入。
ケツをもっと拡げてエロくよがりたいと思った。

今までのアネロスとは違い、太くずっしりと重い。
これでケツイキしたらどうなるんだろうと、挿入前から先走りダラダラだ。

早速挿入すると、ガツンと来る前立腺への刺激。
今までのアネロスはケツにフィットする感じだが、プロガスムは無理矢理押し広げてくる感じだ。
まるで上反り極太デカマラをぶち込まれて、当て堀りされてるような感じだ。

前立腺への刺激がどんどん強烈になる。
身体中の感覚がどんどん高まる。

あまりにも強烈な快感に雄汁がどんどん込み上がる。
「ヤベー、トコロテン?イクイクイクーーーッ」

かなり早くにイッてしまった。

しかしチンポを見ると、ギンギンのチンポがただダラダラと先走りを垂らしているだけだ。
はっきりとチンポには、雄汁がこみ上がり射精した感覚があったのにイッていない。

そしてまた雄汁がどんどん込み上がる感覚が来てトコロテンしそうになる。
だけどまたイッていない。

こんな感じの絶頂を何回も繰り返す。

トコロテンなのかケツイキなのか、それとも両方なのか分からない強烈な絶頂に大の大人がベッドでよがりまくる。
「ケツもチンポもぎもじいいいいいい」と狂いまくった。

もうヘトヘトになり、終わりにしようとシゴいた。
「いぐぅぅぅ、、、、、、、、」もう声にならない、息ができないくらいの絶頂射精。
信じられないほどの快感と大量の雄汁が、何度もドクドクと吹き出す。
吹き出す度に強烈な快感で、本当に心臓止まりそうだった。

大体1時間くらいケツイキを楽しんだ。
時間的にはいつものケツイキと変わらないくらいだ。

でも何倍も疲れてる。
プロガスムを抜くと、どっと疲れが押し寄せた。

本当に呆然としてしまい、しばらくは動けなかった。
ケツとチンポにはまだなんとなくオーガズムが残っている感じだ。

プロガスムはとんでもないものだ。
毎回この絶頂を味わえるケツイキ生活は止められない。